<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お疲れさまでした! | main | 完売品の予約について >>

夏が終わりました。

コミティアが終わりました。二週連続のイベント参加も、すでに夏の恒例となりつつありますが、これを終えると本当に『終わった!』と叫びたくなります。
おなじ日程をこなされた皆さま、お疲れさまでした。
これでゆっくり眠れます!

なにせ自転車操業(お金じゃなくて在庫。ちょっと意味が違うかもしれませんが)なので、この一週間という限られた時間の中、どの種類をどれだけ増やすか、さんざん考えて作ったのですが、なんとか品切れを出さずに済みました。予想が当たってホッとしています。
あと、言い忘れていたのですが、夏コミで『骸の姫君』は完売とさせていただきます。ついでに『邪眼鑑定士』も、春で完売でした。増刷も可能なんですが、さすがに既刊の種類が増えすぎてしまったので。今後も机の上が毒草園だけにならないよう、別の話も出していきたいと思っています。

なんだか思考がふらふらしてますが、夏コミ&コミティアで嬉しかったこと。
1.新刊のタイトルだけで、誰を指しているのか分かってもらえた。
2.ウチの本がほとんどインクジェット本だと伝えたときに驚かれた(「えっ?」って声を聞くのが快感というか何というか、製本による肩こりも忘れられます)。
いずれも複数の方に言ってもらえて、すごく嬉しかったです。製本の方は、そろそろ増刷がきつくなっているので印刷所を利用することになるかもしれませんが、でもいつものギリギリのスケジュールを見直せるかというとそれも難しくて。毒草園の総集編を出す、なんて大それた案もあるのですが、まだどうなるか分かりません。
あとやっぱり一番嬉しかったのは、新刊がいっぱい売れた(当社比)ことです!
みなさま、どうもありがとうございます。少しでもお楽しみいただけたでしょうか?

ついでに反省点は、あいかわらずお金の計算が遅いこと。
今回、頭に浮かんでいた金額と、実際に口に出して言った金額が違っていて、ご迷惑をおかけしてしまいました。逆になんでそんな器用なことができるのかと思われるかもしれませんが、実はよくやるんです。今後もなんか変だと思ったら、遠慮なくつっこんでください(ちなみにお会計は正しく済ませました)。

さて今後の予定ですが、今年は秋のコミティアと文学フリマに申し込むつもりです。あいかわらず冬コミには参加できそうにありません。
次の新刊は毒草園の、今度はシリーズの方の続編を予定しています。ただ時期に関しては来年の2月になるか5月になるか、ちょっと微妙というか……今年の5月の二の舞は避けたいので。ちなみに現時点での目標は『一冊でまとめること!』です。


続きは新刊に関しての独り言。

いい加減、こんなところに書かないで後書きつけろ、と言われるかもしれませんね。
ただ後書き入れる余裕があるなら本文増やしたい、と思っているので諦めていただけると嬉しいです。

『毒草園の短編集を出したい』というのは前々から考えていたことです。
正確に言うと、『シリーズにおいて一応主役の座についている人間が絡まない話』が書きたかったんです。元々一話目だけの主役のはずだったんですが、いつの間にか欠かせない人間になってしまって。そういえば友人に、『表の主役』と呼ばれたこともあります。『影の主役』は言わずもがな。
でも毒草園なんていう怪しげなものを扱っている以上、それらしい毒のある話を作りたくなったんです。それが『狼殺しの蒼い赤』と『名もなき神の御使い』です。初期の設定のまま毒草園を書いていたら、こういう話が中心になっていたはずなんですけどね。
ただこれだけではあまりにシリーズと雰囲気が違ってしまうのでどうしようかと悩んでいたときに、蓮視点の話を思いついて、ようやく短編集を出す決心を固めました。
すでに書き慣れているキャラクターだったのですが、10代、しかも小学生の視点というのはなかなか難しい部分があったのですが、蓮視点だからこそ書けることがいろいろあって、楽しく書きあげることができました。まあ実際にこんなひねくれた小学生がいたら恐いですけど。
そういえば上の2作は同時に書いてました(どちらかの作業に詰まったら、もう一方の方を書く、というやり方です)。普段は1作ずつ集中して書いているのですが、この方法も気分を変えることができるのでなかなか有効でした。
あと、3作とも春の話なのに、表紙が枯れ木な理由。デジカメの中にそれしか使えそうな構図がなかったからです。元々、冬に出そうと思った本の表紙用に撮影しておいたものです。我が家から約30歩離れた場所の風景です。

とりとめもなく書き連ねてしまいました。
最後までお読みいただきありがとうございます。
またイベント会場でお会いできれば光栄です!
椎名貴乃 * 雑記 * 00:40 * comments(2) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:40 * - * -

コメント

コミティアにてご本を買わせていただいた者です。
テーブルに『骸の姫君』がなかったので次回買わせていただこうと心の中でつぶやいていたのですが完売だったのですね!残念ですがこれもご縁とあきらめます。>_<。
新刊もったいないので少しづつ大切に読ませていただきます。^v^*
Comment by ita @ 2009/08/24 3:29 AM
itaさま
コメントおよびご購入ありがとうございます!
もったいないなんて、私の方がもったいないです。
あと告知が遅れたばかりに残念な思いをさせてしまって申し訳ありません。
実は別の方からも再販の問い合わせがありまして。
完売させるのが少々早すぎたようです。
在庫管理と次に出す本の置き場所確保のための完売なので、
事前にご予約いただける形であれば対応は可能です。
次のイベントまでに方法を考えて、あらためて告知させていただきます。
Comment by 管理人 @ 2009/08/24 11:40 PM
コメントする









このページの先頭へ